<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

江戸風の貝桶に、五組の貝合わせを納めています。

0

    この入れ物は、「貝桶」と言って江戸時代にはこの中に貝を入れておいて、取りだしては床に並べて遊ぶ「貝合わせ」を行っていたそうです。大きさは、幅が13cm×高さが15cmになります。素材は桧の寄せ木で出来ており蓋を開けると8角形の入れ物になっています。

     

    桧で出来た貝合わせを入れる貝桶

    蓋を開けた状態です。中には縮緬製の袋に貝合わせが 五組10枚入っています。

    貝桶の蓋を開けたところです。

    貝桶からすべての貝を取りだして並べた状態です。

    貝桶から貝合わせを取りだして並べたところです

     

    1つ1つの貝合わせです。源氏物語の「ははきぎ」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

     

    源氏物語の「ははきぎ」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「若菜」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「若菜」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「若菜」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「初音」のシーンを白地の上に手描きしています。

     

    源氏物語の「少女」のシーンを白地の上に手描きしています。

    貝桶かた貝合わせを取りだして並べるところを動画にしています。

     

     

     

     

     

     

    藤原了児 * 貝合わせのこと * 14:10 * comments(0) * -

    江戸小箱に3つの貝合わせを入れてみました。

    0

      美しいテッセンの蒔絵が描かれた江戸の小箱を用意しました。江戸期の古い物で大きさ8,5cm×13,5cm×高さ6,5cmの木製漆仕上げです。この小箱に3つの貝合わせを入れてみました。

      テッセンの蒔絵が美しい江戸の小箱

       

      貝合わせを並べてみたところです。貝合わせは貝の内側を白く仕上げて、上下には金箔を施して3つの物語を手描き仕上げしています。

      小箱と貝合わせを並べてみました。

       

      貝合わせの題材は、源氏物語の「紅葉賀」「松風」「初音」とめでたいものを手描きしました。

      3組の貝合わせです。源氏物語の貝合わせ

       

      藤原了児 * 貝合わせのこと * 13:52 * comments(0) * -

      完成した3つの貝合わせが江戸小箱に入って日光へ

      0

        以前から手元にあったこの江戸小箱。何に使おうかと思っていたら依頼主から

        江戸小箱に3組の貝合わせ

        「この小箱に貝合わせを入れた物を欲しい」という依頼があり、日本的な物を貝合わせに手書きして

        小箱の側に貝合わせを並べてみました。

        先方に送らせていただきました。送り先は「リッツカールトン日光」もうすぐ完成するホテルとか

        3組の貝合わせに源氏物語を手描きしています

        どの様に使われるのか楽しみです。宿泊される方。見たらご一報下さい。

        藤原了児 * 貝合わせのこと * 20:09 * comments(0) * -

        江戸小箱の貝合わせが始まりました

        0

          先日紹介させていただいた「江戸小箱シリーズ」の中の1つに組み合わせる貝合わせの制作に取り掛かっています。

          江戸の小箱と三組の貝合わせ

          上の写真から2日ほどした貝合わせです。まだ、顔の表情が入っていませんが色のバランスは良くなってきているかと思います。

          貝合わせが完成に近づいています。

          三組の貝合わせの拡大写真です。

          三組の貝合わせ拡大写真。

          目鼻が完成したらホームページに公開しようと思います。

           

           

          藤原了児 * 貝合わせのこと * 14:00 * comments(0) * -

          3組の小さい貝合わせが完成

          0

            先日紹介した箪笥と小箱を組み合わせたセットに着いている3組の貝合わせの制作が進んでいます。

            大正期の蒔絵たんすを使った雛人形セット

            こま犬や貝合わせの下に置く布の方は、染色の清家文香さんが進めており私の方は下の写真のように3cm大のハマグリの中に

            みかわ工房の小さい貝合わせ

            依頼者の方が、梅の盛んな和歌山県と言うことでそれにちなんだ紅梅、源氏物語の「梅が枝」源氏が花を愛でる「若紫」を入れてみました。小さい物でも本物にこだわり日本の美を追究したいと思います。

            藤原了児 * 貝合わせのこと * 12:16 * comments(0) * -

            貝合わせを収める2つの小箱が完成

            0

              貝合わせ、合わせ貝を入れるための器「貝桶」の絵付けが完成しました。左が高さ15cmで右の小さい方が11cmです。桧の板8枚を貼り合わせて作った精巧な小箱になります。そして箱の上面と側面には金箔を貼り、この上に四季の花々を手書きしています。

              貝合わせを納める小箱(貝桶)

               

              現在、高さが15cm幅13cmの小箱には、5組の貝合わせが先日完成しました。

              貝桶と貝合わせ5組も完成しました。

              今後は、この貝合わせを箱の中に納める袋を作れば完成です。

              藤原了児 * 貝合わせのこと * 11:48 * comments(0) * -

              小さな貝入れ箱に合わせて貝合わせを制作中

              0

                雛祭りも終わって良い季節になりました。

                工房ではゆっくりとしたテンポで貝合わせを制作しています。

                先月は在庫の貝合わせを5組ほど作って、これから企業様などの贈答品に依頼があるので用意しておきます。

                そして、現在進めているのは桧で出来た美しい「貝桶かいおけ」と呼ばれるものを木工種の依頼して置いた物に、金箔の衣装を貼り、自分で四季の花々を手描きしています。左の貝入れが13cm幅で高さが15cmの大きさで、右が10cm×10cmと小振りです。

                みかわ工房の2種類の貝入れ箱

                 

                これに合わせて、3組ほどの貝合わせを手描きしています。今回は音がするものを源氏物語の中から選んで「琴、笛、琵琶」を画面の中に入れてみました。

                雛人形「みかわ工房」の貝合わせ1組

                また、完成まで時間はかかりますが、ゆっくり制作出来るものこの季節ならではのことです。世間ではコロナウィルスのことも合って朝の犬の散歩以外全く家を出ない事もあります。

                藤原了児 * 貝合わせのこと * 11:33 * comments(0) * -

                小さな貝合わせを、小さな貝桶に入れてみました。

                0

                  この貝桶と貝合わせのセットは、私が8年ほど前に日本橋三越本店 本館5階で個展を行った際に、隣の三井記念館で行われていた「三井家のお雛様」展でみた小さな貝桶に入っていた小さな貝合わせをみて、自分でもこんなにかわいい貝合わせと貝桶を作ってみようと思いました。

                  高さ10cm、幅も10cmの貝桶です。

                   

                  貝桶を開けるとピンクの正絹の袋に入った3組の貝合わせが現れます。貝は5,5cmのハマグリで、この中に金箔仕上げをして源氏物語の3つのシーンを手描きしています。

                  かわいい貝桶の中から3組の貝合わせが出てきたところです。

                  3組の貝合わせを広げたところです。

                  貝桶の中から3組の貝合わせを広げてみました。

                   

                   

                  3組の貝合わせです。上から紅葉賀、末摘花、若紫 になります。金箔仕上げの上に手描きで物語を仕上げています。

                  3組の貝合わせ、紅葉賀、末摘花、若紫です。

                   

                  ご購入の際には、ホームページをご確認してからお願いします。

                   

                  JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備

                  藤原了児 * 貝合わせのこと * 11:58 * comments(0) * -

                  貝桶と貝合わせセット

                  0

                    先日、東海地方のお母様から「2人姉妹のために貝桶に入った貝合わせを送って上げたい」という希望があり、いろいろとお話を交わしてこれが完成し、おくりました。

                     

                    そして、姉妹のもとから届いた写真がこれです。

                     

                     

                     

                    1つめのセットは、10cmの貝桶に3cmのハマグリ5組10枚を用意してこれからこのセットを仕上げようと思います。貝桶と5組の貝合わせ

                     

                    2つめのセットは、10cmの貝桶に6cmのハマグリ3組を用意して、これに素晴らしいものを描こうと思います。

                    貝桶と3組の貝合わせ

                     

                    3つめは、江戸から明治に作られた小箱8cm×14cm×6cmに5cmのハマグリ3組6枚を入れてみようと思います。小箱と3組の貝合わせ

                    制作は、雛祭りが終わってから時間を見て作って行こうと思います。オーダーメイドでご要望のある方は問い合わせコーナーよりご相談下さい。

                    藤原了児 * 貝合わせのこと * 14:09 * comments(0) * -

                    結婚式に貝合わせを使って演出。

                    0

                      春先から依頼されていた貝合わせが、ようやく完成しました。

                      貝の大きさが幅12cmと大きいハマグリの内側に総金箔を貼り、左右の貝に「琵琶」を弾く女性と文を見ている男性を描きました。どちらも先方の依頼で、周りに咲く花々も依頼によっています。

                      12cmのハマグリに描いた貝合わせ

                       

                      この貝合わせは、この秋に結婚式をされるお二人が、式場において来場されて皆様に見てもらい祝福してもらうセレモニーにお使いだそうです。また、この貝合わせは下の8角形の箱「かいおけ、貝桶」に入れて保管されるとの事です。

                       

                      季節の花をかいた貝桶

                       

                      どれもがオリジナルで優雅な結婚式になる事でしょう。昨日この「貝桶」の制作依頼に隣の福岡県に行ってきました。すべての完成は8月末で、9月の挙式に間に合う様にお届けしたいと思います。

                       

                       

                      JUGEMテーマ:結婚式をします!

                      藤原了児 * 貝合わせのこと * 08:51 * comments(0) * -
                      このページの先頭へ