<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋の恵みです。 | main | 里山の整備と、薪割り新兵器 >>

別府鉄輪の湯治宿

0

    JUGEMテーマ:気になること

    行ってきました。湯治のお宿。といっても大分から30分も無いほどの距離にある、別府の鉄輪(かんなわ)地区にある「双葉荘」というお宿、前日に電話で予約して一泊3500円で素泊まりと言って布団とお鍋と食器があり、自分たちで持ち込んだ食材を「地獄蒸し」と呼ばれる高温の湯気で蒸して食べます。ご飯も簡単に炊くことが出来ます。

     

    P1090248.JPG

     

    お部屋は八畳ほどの和室で、窓からは鉄輪の繁華街が見下ろせます。この日は6時に部屋には行ってまずはお茶をいただいて、お風呂に入ることにしました。

    P1090219.JPG

    お風呂は、混浴、男女別の部屋と3つあり私は一人で男性用の風呂に入りました。泉質はナトリウム塩化物泉だそうで、口に含むと少しだけしょっぱい味がします。床が天草砥石で温かい足触りです。

    P1090221.JPG

     

    夕食は、部屋から出て、屋敷内の一角に設けられたこの蒸し器「地獄」を使ってやります。

    P1090228.JPG

     

    わが家は、サザエやイカ。野菜の白菜シイタケなどを蒸して、ポン酢で食べましたが、すべての食材にしっとりとした水気があって味が残っています。

    P1090230.JPG

     

    蒸し料理で出来ない味噌汁や、漬け物などはこうした台所が付属していて、冷蔵庫、洗濯機などもあって便利です。」

    P1090237.JPG

     

    翌朝は、ゆっくりと食事をして9時過ぎにお部屋を後にしました。帰り際に聞いたところでは、NHKの大分発プレミアムドラマ「今日も地獄でお待ちしています」がこの宿で撮影されたそうです。

     

    P1090236.JPG

     

    藤原了児 * 日頃のこと * 18:55 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ