<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手作りの貝合わせと、お雛様の修理 | main | 手作り雛人形の様々な試み >>

薪をとりに山に入る

0

    今年に入ってみかわ工房では、貝合わせや羽子板造りの仕事が目白押しに続いていますが、そんな中でも今年になって初めての薪集に行ってみました。

    場所は大分市内から南に20kmほど行った山間部で、地主さんから「雪で木が道路に倒れてくるので、それらの木を切って欲しい」という依頼で、薪クラブのメンバーに告知して7〜8名が集まりました。

    豊後大野市の山間部で集合します。

     

    木を切る場所は、細い道路を入って行くと左斜面に大きな木が並んでいますから、これを2班に分けて切り出します。

    道路脇の樫を2班に分かれて伐採して行きます。

     

    今回購入したのが「スローライン」というもので、アメリカやヨーロッパでは木を伐採する際に、木の上の方にロープををかけて引っ張る為に、この細い紐におもりを付けて振り子のようにして木の上方に向けて投げて、高いところに紐が掛かったら、大きいロープに結び変えて、そのロープで木を引き倒します。

    最近流行りだした「スローライン」キット

     

    こうしてカットした木が、道路脇に積み上がり、

    伐採し終えた薪の山

     

    これをメンバー全員で山分けして自宅に持ち帰り、2年間感想させます。

    カットした薪は、分配して直ぐに持ち帰ります。

     

    JUGEMテーマ:田舎暮らし

    藤原了児 * 薪ストーブのこと * 15:03 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ