<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さな貝合わせを、小さな貝桶に入れてみました。 | main | アンティークの小箱コレクション >>

小さな貝入れ箱に合わせて貝合わせを制作中

0

    雛祭りも終わって良い季節になりました。

    工房ではゆっくりとしたテンポで貝合わせを制作しています。

    先月は在庫の貝合わせを5組ほど作って、これから企業様などの贈答品に依頼があるので用意しておきます。

    そして、現在進めているのは桧で出来た美しい「貝桶かいおけ」と呼ばれるものを木工種の依頼して置いた物に、金箔の衣装を貼り、自分で四季の花々を手描きしています。左の貝入れが13cm幅で高さが15cmの大きさで、右が10cm×10cmと小振りです。

    みかわ工房の2種類の貝入れ箱

     

    これに合わせて、3組ほどの貝合わせを手描きしています。今回は音がするものを源氏物語の中から選んで「琴、笛、琵琶」を画面の中に入れてみました。

    雛人形「みかわ工房」の貝合わせ1組

    また、完成まで時間はかかりますが、ゆっくり制作出来るものこの季節ならではのことです。世間ではコロナウィルスのことも合って朝の犬の散歩以外全く家を出ない事もあります。

    藤原了児 * 貝合わせのこと * 11:33 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ