<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 江戸小箱に3つの貝合わせを入れてみました。 | main |

江戸風の貝桶に、五組の貝合わせを納めています。

0

    この入れ物は、「貝桶」と言って江戸時代にはこの中に貝を入れておいて、取りだしては床に並べて遊ぶ「貝合わせ」を行っていたそうです。大きさは、幅が13cm×高さが15cmになります。素材は桧の寄せ木で出来ており蓋を開けると8角形の入れ物になっています。

     

    桧で出来た貝合わせを入れる貝桶

    蓋を開けた状態です。中には縮緬製の袋に貝合わせが 五組10枚入っています。

    貝桶の蓋を開けたところです。

    貝桶からすべての貝を取りだして並べた状態です。

    貝桶から貝合わせを取りだして並べたところです

     

    1つ1つの貝合わせです。源氏物語の「ははきぎ」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

     

    源氏物語の「ははきぎ」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「若菜」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「若菜」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「若菜」のシーンを金箔地の上に手描きしています。

    源氏物語の「初音」のシーンを白地の上に手描きしています。

     

    源氏物語の「少女」のシーンを白地の上に手描きしています。

    貝桶かた貝合わせを取りだして並べるところを動画にしています。

     

     

     

     

     

     

    藤原了児 * 貝合わせのこと * 14:10 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ